金融機関に得な資格

金融機関で必要な資格

金融機関で必要な資格と種類

金融機関に勤務するにあたって、必要な資格というものがあります。まずは「証券外務員」に関しては、必ずほぼ取得が必要になる種類のものです。この他には「ファイナンシャルプランナー」に関しても、あると便利なものになります。ファイナンシャルプランナーについては、どうして必要であるのか、というと金融機関を訪れてくれるお客様に「このような商品がお勧めですよ」と色々な種類の中の商品から、そのお客様の人生設計に、最も合ったプランを考えることの出来る知識のスペシャリストであるためです。そのため、その人の将来設計のためにも、膨大な知識を持っているため、頼りにされることが多い資格となっています。

金融機関の営業マンが挑む資格

金融機関の営業マンは実にハードな毎日を送っています。顧客への営業回りはもちろん、新規得意先の開拓や、融資・預金・新規口座開設などにも目標があり、絶えず様々な角度からお客様に接し、いかに自社に利益をもたらしていただけるかを念頭に置き仕事をしています。そのため、社内の検定試験等をこなすのはもちろん、自分の時間を利用して、ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士、税理士などの資格取得に挑む人も少なくありません。常に切磋琢磨し、銀行員としての資質向上に励んでいるのです。金融機関の営業マンの方と接する機会があれば、一度でいいから質問してみてください。どれほど勉強し、業務全般に関する知識を蓄えているかが一目瞭然でわかるはずです。だからこそ、銀行や信用金庫はお客様から信頼されるのだと考えられます。

↑PAGE TOP

Copyright © 金融機関で必要な資格 All rights reserved